KAPPA NOVELS
光文社 文芸図書編集部
トップページへ
新刊
既刊
過去のトピックス
リンク
KAPPA NOVELS

◎長編本格推理◎
セリヌンティウスの舟

石持浅海(いしもち・あさみ)
定価:800円(762円+税)
ISBN4-334-07621-1

ルールはひとつ。信じること。
メロスの友の懊悩を描く、本格の新地平!
荒れ狂う海で、六人のダイバーはお互いの身体をつかんで、ひとつの輪になった。石垣島の大時化の海で遭難した六人は、信頼で結ばれた、かけがいのない仲間になった──。そんな僕らを突然、襲った、米村美月の自殺。彼女はダイビングの後の打ち上げの夜に、青酸カリを飲んだ。その死の意味をもう一度見つめ直すために、再び集まった五人の仲間は、一枚の写真に不審を覚える。青酸カリの入っていた褐色の小瓶のキャップは、なぜ閉められていたのか? 彼女の自殺に、協力者はいなかったのか? メロスの友、セリヌンティウスは、「疑心」の荒海の中に投げ出された!


<著者のことば>
警察官でもない人間が、なぜ事件の謎を解こうとするのか。謎を解くことによって、いったい何を得ようとしているのか。そんなことを考えていたら、このような物語ができあがりました。
本書には、事件を圧倒的な知性で解決する、いわゆる名探偵は登場しません。友人の不審な死を目の当たりにしたとき、関係者の間には疑心暗鬼と敵対心しか存在し得ないのか。この本に描かれているのは、そのようなことに懊悩する、普通の、けれど気高い人たちです。この本を手に取ったすべての方が、登場人物の一人であると信じています。



→もどる
書影【セリヌンティウスの舟】


その他の作品
| →一覧へ
水の迷宮

顔のない敵

ガーディアン

ほか




光文社/ノベルス編集部
当ホームページに掲載されている文章・画像写真などを無断で複製することは
法律で禁じられています。またすべての著作権は(株)光文社に帰属します。
Copyright(c)2004 Kobunsha Ltd.All Rights Reserved.