KAPPA NOVELS
光文社 文芸図書編集部
トップページへ
新刊
既刊
過去のトピックス
リンク
KAPPA NOVELS

パワー・プッシュ宣言!

カッパ・ノベルス─新しい挑戦
10月のpowerpush!
11月のpowerpush!

Mikami Akira
1967年、東京生まれ。
2002年、『日出づる国のアリス』で第六回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。 その筆力が絶賛され、同作品は2003年、『アリスの夜』と改題し、刊行された。 本作『ハード・ヒート』は受賞第一作にあたる書下ろし作品。
12月のpowerpush!

840円(税込み)
発売中

チェイシング・ロードノベル
ハード・ヒート
三上 洸

思いっきりアウトローに!
現代の東京を舞台にしたマカロニ・ウェスタンだと思って読んでいただければと思います。なにしろ主人公は日本でただ一人のバウンティ・ハンターですから。
現代の日本では武器の所持が厳しく規制され、民間人による警察活動も認められていません。賞金稼ぎなどというキャラクターが活躍するのに、これほど不自由な国はないでしょう。そこをあえて舞台に選んだのは、読者のみなさんに本の値段分のカタルシスを味わっていただくためです。
自由と言われる社会に生きながら、様々なストレスでがんじがらめになっているのが現代人。私だって、その例外ではありません。小説の世界でぐらい、そんな小市民気分を吹き飛ばして、思いっきりアウトローなヒーローになってみたいじゃありませんか。
かたいことは言いっこなし。この作品の中のもう一つの日本で、どうか思う存分暴れ回ってください。



910円(税込み)
発売中

長編本格推理
すべての美人は名探偵である
鯨 統一郎


二人の美人探偵、夢の競演!
『邪馬台国はどこですか?』の早乙女静香と、『九つの殺人メルヘン』の桜川東子にコンビを組ませてみました。東子が探偵役なので、静香はいわゆるワトソン役なのですが、彼女は暴れ者で、ホームズ=東子よりも遥かに目立ってしまっています(笑)。
僕は歴史ミステリーでデビューして、本格ミステリーも創作の柱としていて、あとキャラクターで読ませる小説も書いています。三本柱のような感じで。今回、その三つを全て投入して総決算的なものを書いてみたいと思いました。 歴史ミステリーとしては徳川家光の謎、本格ミステリーとしては九重アリバイと北海道・沖縄の同一犯による同時殺人、そしてキャラクターに関しては、早乙女静香に代表してもらおうと考えていました。謎解き部分は桜川東子に担当してもらって。 家光の謎とミスコンの審査が一緒に登場する、かなり何でもありの作品になりました。


Kujira Toichiro
1998年、『邪馬台国はどこですか?』でデビュー。 傑作・怪作・奇作・話題作を連発する、本格推理界随一のトリック・スター。 作品に『隕石誘拐』『九つの殺人メルヘン』『ミステリアス学園』『喜劇ひく悲喜劇』 『まんだら探偵空海 いろは歌に暗号』他多数がある。


→もどる


光文社/ノベルス編集部
当ホームページに掲載されている文章・画像写真などを無断で複製することは
法律で禁じられています。またすべての著作権は(株)光文社に帰属します。
Copyright(c)2004 Kobunsha Ltd.All Rights Reserved.