KAPPA NOVELS
光文社 文芸図書編集部
トップページへ
新刊
既刊
過去のトピックス
リンク
KAPPA NOVELS

◎長編伝奇探偵小説◎ 書下ろし
虎落笛(もがりぶえ)鳴りやまず 帝都探偵物語

赤城 毅 (あかぎ・つよし)
定価:860円(819円+税)
ISBN 978-4-334-07662-7

帝都探偵物語史上初の倒叙形式(コロンボ・スタイル)
シリーズの転換点
(ターニング・ポイント)となる傑作誕生!
昭和二年秋、帝都・東京──。シベリア出兵で殲滅(せんめつ)された部隊から、命からがらただ一人生還した陸軍少尉・天城誠(あまぎ・まこと)。だが、「生きていた英霊」を待っていたのは、陸軍からの酷(むご)い仕打ちだった。天城が危機をくぐり抜けていくのと時を同じくして、シベリア出兵に携わった幹部将校が相次いで殺害される。現場の状況から、彼らは「虎」に襲われたものと推測されるのだが……? 
私立探偵・木暮十三郎(こぐれ・じゅうざぶろう)が、人外の「虎」の凶行に肉薄する!

<著者のことば>
早いもので、帝都探偵物語シリーズも、もう十年目。この『虎落笛鳴りやまず』で十二作目になります。こうなってくると、作者のほうでも、いつものスタイルを破って、変わったことをやりたくなってくるもの。きっと、読者のみなさんも、それを望んでいるはず(たぶん)。というわけで、今回は倒叙形式(刑事コロンボや古畑任三郎などでおなじみですね)を取ってみました。しかし……犯人の側から見ると、木暮十三郎って、結構ヤなやつですね(笑)。



→もどる
書影【虎落笛(もがりぶえ)鳴りやまず 帝都探偵物語】


その他の作品
| →一覧へ
時の剣 隻眼の狼王

青鱗館(せいりんかん)の恐怖 帝都探偵物語

黄泉(よみ)に舞う蝶 帝都探偵物語

ほか




光文社/ノベルス編集部
当ホームページに掲載されている文章・画像写真などを無断で複製することは
法律で禁じられています。またすべての著作権は(株)光文社に帰属します。
Copyright(c)2004 Kobunsha Ltd.All Rights Reserved.