KAPPA NOVELS
光文社 文芸図書編集部
トップページへ
新刊
既刊
過去のトピックス
リンク
KAPPA NOVELS

◎四六判ハードカバー◎ 
「謎」の解像度(レゾリューション)
ウェブ時代の本格ミステリ

円堂都司昭(えんどう・としあき)
定価:2100円(2000円+税)
ISBN 978-4-334-97539-5

ミステリを読むのは、今がいちばんふさわしい。
謎と解明の物語は普遍的な人気を獲得している。けれど、今、この時代に本格ミステリを書くとしたら、普遍性までたどりつくのは大変だ。
個室の扉は重く、匿名の壁は高くなり、バーコードが無機質な数字を冷徹に読み取っていく。そんな中、作家たちは、どのように現実と抗い、作品を創り上げているのか。
本格ミステリがますます好きになる、切れ味鋭い作家論集。

<著者紹介>
円堂都司昭(えんどう としあき)
文芸評論家。
1963年千葉県生まれ。早稲田大学第二文学部東洋文化専修卒。
「シングル・ルームとテーマパーク 綾辻行人『館』論」で第6回創元推理評論賞を受賞。
ミステリを中心とした文芸評論・レビューのほかに、音楽ライターとしても執筆活動を展開している気鋭。
著書に『YMOコンプレックス』(平凡社)がある。
ブログ「ENDING ENDLESS 雑記帖」 http://d.hatena.ne.jp/ending/

<取り上げている主な作家>
有栖川有栖/米澤穂信/道尾秀介/西澤保彦/山田正紀/北山猛邦/京極夏彦/芦辺拓/北村薫/我孫子武丸/法月綸太郎/綾辻行人/島田荘司/竹本健治/折原一/清涼院流水/貫井徳郎/歌野晶午/麻耶雄嵩(順不同)



→もどる
書影【「謎」の解像度(レゾリューション) ウェブ時代の本格ミステリ】


その他の作品
| →一覧へ







光文社/ノベルス編集部
当ホームページに掲載されている文章・画像写真などを無断で複製することは
法律で禁じられています。またすべての著作権は(株)光文社に帰属します。
Copyright(c)2004 Kobunsha Ltd.All Rights Reserved.