KAPPA NOVELS
光文社 文芸図書編集部
トップページへ
新刊
既刊
過去のトピックス
リンク
KAPPA NOVELS

◎新書判ソフト◎ 
黄泉(よみ)に舞う蝶 帝都探偵物語

赤城 毅(あかぎ・つよし)
定価:860円(819円+税)
ISBN 978-4-334-07673-3

墓場から甦った青年が得たものは、愛か、恐怖か?
青年は、篤い人望と美しい許嫁を得ながら、死病に倒れようとしていたが、ある男から、甦りを約束される。はたして、彼は死から復活する! だがそこにはある秘密が……。私立探偵・木暮十三郎が甦りの謎に迫る。

<著者のことば>
蝶というものは、美の象徴とされています。しかし、微細に見ていくと、複眼、ウロコ状の鱗粉、渦巻き形の口吻(こうふん)など……けっこう不気味ですよね。また、蝶にまつわる伝説などをみていくと、死者の魂が化身しているとか(仏壇や家のなかに入ってくるのは、故人の霊なのだそうです)、意外にコワいものが多いようです。今回は、この蝶をモチーフにして、ひとの生と死にかかわる奇談を書いてみました。お試しあれ。



→もどる
書影【黄泉に舞う蝶 帝都探偵物語】


その他の作品
| →一覧へ
時の剣 隻眼の狼王

青鱗館(せいりんかん)の恐怖 帝都探偵物語

虎落笛(もがりぶえ)鳴りやまず 帝都探偵物語

ほか






光文社/ノベルス編集部
当ホームページに掲載されている文章・画像写真などを無断で複製することは
法律で禁じられています。またすべての著作権は(株)光文社に帰属します。
Copyright(c)2004 Kobunsha Ltd.All Rights Reserved.