糖度1.5倍の高級いちご「あまりん」がふるさと納税のオススメ

ふるさと納税をするなら、スーパーで買ういちごとはひと味もふた味も違う、まさに贅沢ないちご、「あまりん」いかがですか。その魅力をたっぷりとご紹介します!

甘さの極みを味わえる

「あまりん」はその名の通り、「甘い」という言葉がぴったりのいちごです。驚くほどの甘さが口いっぱいに広がり、まるで自然の甘さを凝縮したような味わいが楽しめます。

ひと口食べれば、至福のひとときが訪れることでしょう。

贅沢な食感がたまらない

その甘さだけでなく、果肉のふくよかさも魅力のひとつ。ジューシーでありながらも、しっかりとした食感があります。

口の中で優雅に溶けるような感覚は、まさに至福の時間。贅沢を味わいたいときにはぴったりのいちごです。

見た目も華やか

「あまりん」は見た目にも美しいいちごです。

鮮やかな赤色と、瑞々しい光沢が、まるで宝石のような輝きを放ちます。贈り物にも最適で、特別な日の演出にもピッタリです。

ふるさと納税で手軽に入手

ふるさと納税ならこれがおススメ

この素晴らしい「あまりん」を手に入れる方法は、とても簡単です。

ふるさと納税を活用すれば、自宅にいながらにして、この高級いちごを手に入れることができます。

さらに、ふるさと納税の仕組みを利用することで、地域貢献にも繋がります。

おすすめの「あまりん」をいくつか紹介します。

ワイン堆肥で作られた「あまりん」がおいしくておススメ

 

山奥の奇跡!「ただかね農園」

山々に囲まれた秩父の奥地に位置する埼玉県秩父市「ただかね農園」。この農園は、厳しい環境にも負けず、いちご栽培を続けながら、地域の自然資源や気候条件を巧みに活用しています。そこには驚きと感動が詰まった、まさに山奥ならではの美味しい苺が育まれています。

山脈からの冷たくて美味しい空気、清らかな水、そして恵まれた日光の恩恵。これらの要素が結集し、山奥秩父には農作物を美味しく育てる絶好の条件が整っていることに、ただかね農園は気づきました。彼らは、この恵まれた環境を最大限に活かし、他では味わえない特別な苺を生産しています。

ただかね農園では、農業の専門家による厳しい管理のもと、農薬や化学肥料の使用を減らし、リスク管理にも注力しています。その結果、安心して美味しい苺を楽しむことができるのです。

そして、ただかね農園は単なるいちご狩り場ではありません。家族みんなで楽しめる遊び場や広い休憩所なども整備され、子供からお年寄りまで、幅広い世代の方々が心から楽しめる農園を目指しています。

最高糖度20度のTVで紹介された矢島農園

 

こだわりのつまった矢島さんの苺

埼玉県本庄市矢島農園を代表する矢島京治さんは、大学で農業を学び、父親から受け継いだ農業をいちごとメロンの栽培に転換しました。昔ながらの土耕栽培にこだわり、有機肥料を用いた土作りで育てられた矢島農園のいちごは口コミで評判になりました。

しかし、いちごの栽培が順調に軌道に乗っていた頃、埼玉県で新しい品種のあまりんが登場します。京治さんはその美味しさに感動し、あまりんの栽培に挑戦することを決意します。しかし、従来の品種と比べて収穫量が少なく、単価が上がってしまい、消費も認知も広がりませんでした。

そこで、京治さんは味だけでなく、色や形などの美しさも伝えることで、あまりんの魅力を消費者に伝えるために努力しました。パッケージデザインや詰め方にも工夫を凝らし、販売を続けました。その努力が実り、矢島農園のあまりんは徐々に認知度を広げ、多くの人々に愛されています。

第1回全国いちご選手権「銀賞」受賞

いちご畑花園は、埼玉県深谷市で、いちご栽培を21年前に初めてから、おいしさにこだわり続けています。当農園の自慢は、専用のハウスで栽培環境を徹底的に管理していること。温度、湿度、CO2濃度、液肥濃度、水分量など、細かなデータを取り入れ、最適な栽培環境を実現しています。

その結果、生まれるのは驚くほど甘いいちご、それが私たちの誇りです。一度食べると、また食べたくなるほどの美味しさを実現しています。いちご畑花園で育ったいちごは、ただのいちごではありません。それは、21年に及ぶこだわりと努力の結晶です。

まとめ

「あまりん」という高級いちごは、まさに贅沢な味わいを楽しむための最適な選択肢です。ぜひふるさと納税で手に入れて、特別なひとときをお楽しみください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です